助産師のやる気まんまんブログ


by fgj4wr9d4h

<練習船沈没事故>漁船船長位置に気付かず 運輸安全委報告(毎日新聞)

 鳥取県境港市沖で08年10月、実習の高校生ら25人が乗った同県の水産練習船「わかしまね」(196トン)と同県隠岐の島町の漁船「第22事代(ことしろ)丸」(222トン)が衝突し練習船が沈没、2人が軽傷を負った事故で、国土交通省の運輸安全委員会は29日、漁船の船長が練習船に気付かず、練習船の船長も適切な見張りをしなかったのが原因とする調査報告書を公表した。

 漁船の船長は酒気帯びで操船しており、安全委は「行政機関や漁業者団体は、酒気帯び状態での当直禁止を周知徹底すべきだ」との所見を付けた。

 報告書によると、漁船は事故当日の8日午前、漁を終えて境漁港に入港。夕食の際、船長はいつもより多く酒を飲んで出航し、午後7時ごろ、入港して来た練習船と衝突した。衝突から約2時間後の海上保安庁の検査で、呼気からのアルコール分が、行政処分の対象となる1リットルあたり0.15ミリグラムを上回る0.37ミリグラムが検出された。【平井桂月】

【関連ニュース】
潜水艦事故:おやしお艦長ら不起訴 鹿児島湾で漁船と接触
長崎漁船沈没:救命胴衣290キロ漂流 鹿児島沖で発見
長崎漁船不明:家族から船体引き揚げ要望
長崎漁船不明:第2山田丸?海底で船影確認
長崎漁船不明:現場周辺の海底に船影 7管も確認急ぐ

県警「ノーコメント」繰り返す=鳥取不審死(時事通信)
糖尿病根治療法に道=拒絶反応の仕組み解明−福岡大、理研(時事通信)
<掘り出しニュース>唐ワンくんに手編みマフラー「うれしいワン」(毎日新聞)
サル ナベ、地位捨て恋に走る 新たな群れで奮闘中 大分(毎日新聞)
代替フロン排出増へ 温室効果ガス削減足かせに(産経新聞)
[PR]
by fgj4wr9d4h | 2010-02-04 03:40