助産師のやる気まんまんブログ


by fgj4wr9d4h

<   2010年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 23日午後11時15分ごろ、埼玉県蕨市塚越の交差点で、不審車両を追跡していた県警川口署のパトカーがタクシーと衝突、タクシー運転手の男性(61)と乗客の会社員女性(27)が胸などを打つ軽傷を負った。同署は、どちらかの左右確認が十分でなかったとみて、運転手やパトカーを運転していた同署交通課の巡査部長(43)らから事情を聴いている。 

【関連ニュース】
発砲警官2人に付審判決定=逃走車両の男性死亡
パトカー追跡のバイク、列車と衝突=けが人なし、男2人が放置して逃走
パトカーと軽衝突、女性骨折=群馬
パトカー追跡の車が事故=2人けが、運転手を逮捕

高速新料金6月から「心配いらない」と首相(読売新聞)
「『両さん』像折った」男が出頭=器物損壊容疑で書類送検へ−警視庁(時事通信)
インフル死 推計200人 低水準「新型は弱毒」裏付け(産経新聞)
チューリップの花絵で街飾るインフィオラータ始まる 神戸市(産経新聞)
強制わいせつ「市民の処罰感覚で」懲役8年判決(読売新聞)
[PR]
by fgj4wr9d4h | 2010-04-27 18:09
 米軍普天間基地の移設問題が暗礁に乗り上げる。メディアの世論調査では、内閣支持率が「危険水域」の20%台がぞろぞろ出てきた。鳩山内閣は「風前の灯」だとの見方が出て、「解散総選挙」、衆参ダブル選挙の影さえチラついてきた。

 時事通信に続き、朝日新聞(4月19日付)や4月18日放送のフジテレビ「新報道2001」の世論調査で、鳩山内閣の支持率はついに30%を割り込んだ。不支持率も、朝日新聞で60%を超え、時事通信なども半数を超えている。

■5月決着先送りの場合、首相「辞任すべき」が51%

 鳩山由紀夫首相と民主党の小沢一郎幹事長の「政治とカネ」の問題によるイメージダウンに加えて、普天間基地の移設や高速道路の無料化問題と、国民との約束(マニフェスト)は反故にされることばかり。さらに、核安全保障サミットでのオバマ大統領との「10分会談」でまったく相手にされなかったことが追い討ちをかけた。

 内閣発足は、ほんの7か月前のこと。そのときに、本当に70%超もの高い支持率を得ていたのか、と思わせる凋落ぶりだ。

 朝日新聞の世論調査によると、普天間問題の5月決着が先送りされた場合、鳩山首相は「辞任すべき」と答えた人は51%に上った。

 こうした中で、衆参同時選挙という観測も出ている。政府が2010年6月に策定する中期財政フレームをめぐって、仙石由人国家戦略担当相が、消費税率の引き上げを争点に「任期途中での衆院解散も選択肢になり得る」と発言したのがきっかけで、「解散ムード」が漂ってきた。

■「民主惨敗 第2党に転落」すると予測

 週刊現代2010年5月1日号は「真夏の決戦再び! 解散総選挙 全議席完全予測」という特集を組んだ。

 仮に鳩山首相が普天間問題で退陣した場合、民主党内で代表選挙をやって、そのまま国民の審判を受けずに新たな首相が立つことになれば、これまで民主党がさんざん批判してきた自民党と同じ、「政権のたらい回し」になる。そうなれば、国民に信を問うほかなくなり、7月の衆参ダブル選挙に向かうしかないという筋書きだ。

 半面、鳩山首相は普天間問題を先送りして首相の座に居すわることもできる。しかし、それでは参院選の大敗は目に見えている。

 特集では、「民主惨敗 第2党に転落」すると予測した。同誌のシミュレーションによると、民主党は101議席減らして207議席となり、自民党が僅差で第一党に返り咲く。再び政権交代が起こるという。

 たしかに、世論調査でもそんな気配はうかがえる。鳩山内閣の支持率低下に引きずられ、政党の支持も低下。朝日新聞の調べでは、参院選の投票先は、民主党は前回(3月)から6ポイント下落の24%だった。自民党も20%で1ポイント下がったが、その差は縮まった。みんなの党が1ポイント増の7%、立ちあがれ日本が1%、「わからない」と答えた人は39%と2ポイント増えた。

 一方の自民党も、与謝野馨前財務相らが離党して平沼赳夫氏らと「たちあがれ日本」を立ち上げるなど、ゴタゴタが続く。谷垣禎一総裁の求心力が弱く、「第1党」としては心もとないようだ。世論調査で「首相になってほしい人」ナンバー1の舛添要一前厚労相も「オオカミ中年」とまで揶揄される始末で、決め手を欠いている。


■関連記事
郵政で閣内不一致、「女性スキャンダル」 鳩山内閣「火だるま状態」 : 2010/03/25
鳩山内閣支持率30%台突入 政権「危険水域」迫る? : 2010/02/15
鳩山内閣支持率落ち方早い? リーダーシップないのか : 2009/11/13
1缶2900円の高級品もある ご当地「缶詰」ブーム拡大中 : 2010/04/16
<稼げる人5>忠告を受け入れられる人、受け入れられない人 : 2010/04/18

パトカー衝突事故で女性が骨折 群馬県藤岡市(産経新聞)
動き出す大阪「都」構想 どんなメリットあるのか(J-CASTニュース)
<日本創新党>夏の参院選後に新党同士で連携を…山田党首(毎日新聞)
積雪でポイント故障、上越新幹線最大100分遅れ(産経新聞)
堺男児死亡 逮捕の男、怖くなり逃げ出す 母親の元同僚、内縁関係(産経新聞)
[PR]
by fgj4wr9d4h | 2010-04-23 03:31
 介護保険貸与品目に認定されている「可搬型階段昇降機」の使用中の事故が、昨年一年間で3件発生していたことが、メーカーなど関係者で組織する可搬型階段昇降機安全推進連絡会の4 月14日までの調査で明らかになった。いずれも一定のトレーニングを受けたヘルパーの操作中に発生していることから、同連絡会では昇降機の操作者のトレー二ングを担当する安全指導員に対し、指導上の留意点を通知するなどの対策を講じた。

 可搬型階段昇降機は、階段における要介護者の移動を手助けする福祉用具。介助者の腰痛を予防する効果もあるため、昨年4月に福祉用具としては初めて介護保険貸与品目に認定された。

 ただ、操作を誤ると転倒・転落事故に直結するため、保険適用を受けるには、昇降機を使用する家族やヘルパーが、業界団体が実施する講習を修了した安全指導員から一定の講習を受けなければならない。

 ところが、保険適用された昨年4月以降、使用中に3件の事故が発生。中には全治1か月の打撲を負った利用者もいた上、利用者だけでなく操作者が負傷した例もあった。同連絡会によれば、いずれのケースでも、安全指導員から指導を受けたヘルパーが操作に当たっていたという。

 事故の発生を受け、同連絡会では安全指導員に対し、▽操作に慣れていない場合は、直前に操作練習を行った上で使用する▽集合住宅など階段幅が狭い場所で他の人が接近してきた場合、昇降を一時中断する―の2点についても留意して指導するよう通知。特に自らの指導力や知識に十分な自信がない指導員に対しては、改めて補講を受けるよう呼び掛けた。各メーカーも、昇降機に転倒・転落防止のための安全装置を設置するなどの対策に乗り出している。


【関連記事】
福祉用具の利用者の声を収集―テクノエイド協がサイト開設
福祉用具の利用状況確認のための自主基準開発―専門相談員協会
社会福祉施設での腰痛防止と危険予知でマニュアル―厚労省
介護ロボット、現場の手助けまで「あと一歩」
3月に初の福祉用具専門相談員の実力テスト

桜を見る会 足元に残雪…鳩山首相主催、新宿御苑(毎日新聞)
<変死>事件性見逃し98年以降39件 警察庁が報告(毎日新聞)
火山噴火 関空ローマ便が出発便再開へ(毎日新聞)
「飲み食いに困って…」焼き鳥店から焼き鳥とおにぎり盗む 伊豆・大島(産経新聞)
金賢姫元工作員 来月日本招請へ 中井担当相、韓国側と詰めの協議(産経新聞)
[PR]
by fgj4wr9d4h | 2010-04-20 14:04
 9日午前3時15分ごろ、大阪府豊中市岡上の町のセブンイレブン豊中岡上の町2丁目店で、男が男性店員(19)に刃物を突き付けて脅し、現金約6万7千円を奪って逃走した。店員にけがはなかった。豊中署は強盗事件として調べている。

 豊中署によると、男は身長約175センチで、黒いニット帽をかぶり赤茶色のマフラーで目から下を隠していた。入店してすぐ店員に刃物を突き付けて「金を出せ」などと脅し、紙幣が入ったレジのトレイを自分でつかみ取り、持参していたポリ袋に入れて走って逃げたという。店内にはほかに客はいなかった。

【関連記事】
気弱なコンビニ強盗、すぐ出頭「怖くなって署に行った」
「レジ、オープン」英語講師、コンビニ強盗容疑で逮捕 
たばこも要求、コンビニ強盗が現金と3カートン奪う
「包丁置きなさい!」店員が一喝、コンビニ強盗女を御用
コンビニ強盗、財布奪ったが…落として逃走

<ODA有識者会議>座長が役員の法人、外務省から事業受注(毎日新聞)
<名張毒ぶどう酒事件>再審開始決定取り戻したい…弁護団長(毎日新聞)
築地市場 マグロの競り場見学一時中止へ 市場業務に支障(毎日新聞)
首相動静(4月12日)(時事通信)
<社民党>北マリアナ下院議長、テニアン移設歓迎 照屋氏(毎日新聞)
[PR]
by fgj4wr9d4h | 2010-04-14 10:28
 亀井静香金融・郵政改革担当相(国民新党代表)は6日の閣議後の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「県外が無理な場合は、(同県名護市)辺野古のキャンプ・シュワブ陸上案(がいい)。後は訓練を(鹿児島県)徳之島を含めて県外に分散することが現実的だ」と述べた。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

ハローワークのセクハラ相談員がセクハラ(読売新聞)
射爆場返還は困難=沖縄防衛局長(時事通信)
柔道整復師の養成講座、歯科医が無資格授業(読売新聞)
シカ被害 山林食害は古着で撃退 山梨の農家(毎日新聞)
桜前線東北入り間近 民間3業者予想(河北新報)
[PR]
by fgj4wr9d4h | 2010-04-09 00:20
 大阪府は5日、食中毒による営業停止処分を無視して店に客を入れ、新たな食中毒を発生させたとして、同府寝屋川市香里本通町6の日本料理店「香里(こうり)亭」を、無期限の営業禁止処分とした。

 府は「処分中の営業は極めて悪質で、聞いたことがない」としており、改善報告書を提出させた上で再開を認めるかを判断する。

 府によると、3月29日夕に同店で食事した男女6人(35〜66歳)が下痢や嘔吐(おうと)を発症。府は食中毒と断定し、4月2日の1日間だけ営業停止処分とした。しかし、同店はこの日昼に1グループ4人(63〜74歳)に料理を出し、全員に食中毒症状を発症させた。10人とも症状は軽く、快方に向かっている。いずれも懐石コース料理を食べたというが、原因となる菌やウイルスは特定されていない。

 同店の男性経営者(78)は読売新聞の取材に対し、「半月前から予約をもらっており、軽く考えて食事を提供してしまった。客には営業停止を受けていたと伝えておらず、申し訳ないことをした」と話した。

普天間移設 「腹案」渦巻く不満 沖縄県知事「絵が見えない」 閣僚も混乱(産経新聞)
一時保育の規制緩和を国へ申請 横浜市長が明かす(産経新聞)
<生きる>募金1365万円、全国29団体に(毎日新聞)
<国立がんセンター>収納ミスを隠ぺい 職員15人を処分(毎日新聞)
発電用風車から健康に影響する低周波音(読売新聞)
[PR]
by fgj4wr9d4h | 2010-04-05 23:10
 国際社会に通用する言語力の育成を目指し、昨年10、11月に実施された第1回「言語力検定」を全国の98団体9984人が受検、3552人(36%)が合格したことが、26日、主催した「文字・活字文化推進機構」(東京)のまとめでわかった。

 同検定は、文章や図表から情報や論理を正確に読み取り、それを基に自分の意見を論理的に発表できるかなどを、選択式と記述式で測定するもの。初の実施となった今回は、3・4級(中学・高校レベル)のみが実施された。

 まとめによると、3級合格者(正答率76%以上)は2167人、4級(同68%以上76%未満)は1385人だった。正答率は平均63・1%で、項目別では「情報の取り出し」84・5%、「解釈」71・1%、「熟考評価」45・2%だった。

 同機構では、全般的に情報などを読み取る力はあるが、「自分の意見を論理的に表現する力はあと一歩」と分析している。

 同検定の受検は、学校、塾など団体単位。第2回は今年9〜10月、5・6級(小学3〜6年レベル)も加えて実施される。来年度中に1・2級(社会人・大学生レベル)を実施することも検討中という。

金嬉老元受刑者死去 68年、寸又峡で籠城事件 81歳(産経新聞)
<休刊>月刊「アドリブ」5月号で 一時20万部発行(毎日新聞)
徳之島で基地移設反対大会=4200人が参加−鹿児島(時事通信)
新党ラッシュの春!? 公選法「保護」5月2日まで (産経新聞)
隠したはずが…大阪市、HPで二重の個人情報漏洩(産経新聞)
[PR]
by fgj4wr9d4h | 2010-04-01 03:51